農業 国家戦略特区決定
ホーム > 農業 国家戦略特区決定

農業 国家戦略特区決定

2014/3/31(月)

先週末、農業の戦略特区として新潟市と兵庫県養父市が指定されましたね。以前ブログにも記載しましたが、特区は農地の手続きや農業生産法人の要件緩和等、規制緩和により経済活性化を図る制度で、今夏からスタートします。上記には農産物の生産・加工・販売の6次産業化も含まれています。

農業活性化推進の点では、都合の良い制度と言えるでしょう。後はスピードもっての対応が望ましいところですね。農業の仕事で全国を訪れておりますが、何れも農業の高齢化は深刻。特に過疎化が進んでいる地方等は、農業に限らず産業全体に拍車がかかるように衰退の一途を辿り、人口減少に歯止めがかからず先細り状態が顕著。先ずは地域の農業が元気を取り戻し、活性化され発展へと繋がれば一番良いのですが。

【農業6次産業化導入支援のお知らせ】
本気で6次化を考えている農業経営者の皆さん、6次産業化中央サポートセンターに連絡し、ご相談願います。当センターは農林水産省の補助を受けて実施している機関ですので安心してご利用いただけます。アドバイスや支援等を全国対応で展開しておりますので、これを活用しない手はないと思いませんか。思われた方は、ぜひともお気軽にお問い合わせください。

尚、当事務所では、上記とは別の活動として以前より公認会計士、税理士として「農業経営」及び「6次産業化」支援を行っております。ブランド戦略、販路開拓、市場戦略、食の安全などすべてお任せください。詳しくはホームページよりお問い合わせ願います。



過去の記事