相続時精算課税の適用 山林の相続税 課税価格 軽減措置
ホーム > 相続時精算課税の適用 山林の相続税 課税価格 軽減措置

相続時精算課税の適用 山林の相続税 課税価格 軽減措置

被相続人である特定贈与者の死亡に係る相続税において、相続時精算課税に係る贈与を受けた特定受贈森林経営計画対象山林について、相続税の課税価格の軽減措置を受けるためには、贈与税の申告書の提出期限内に、贈与税の申告書に添付書類を添付して、受贈者の住所地の所轄税務署長に届け出なければなりません。

 

また、この届出をすることができる人は、その贈与を受けた時からその特定受贈森林経営計画対象山林について市町村長等の認定を受けた森林経営計画に基づき施業を行っている人に限られます。

 

注意 特定贈与者とは相続時精算課税選択届出書に係る贈与者

特定受贈森林経営計画対象山林の要件

贈与の直前に特定贈与者が有していた立木又は土地等のうち、贈与の前に森林法第11条第5項の規定による市町村長等の認定を受けた森林法第11条第1項に規定する森林経営計画が定められている区域内に存するものであること。

届出等の手続

贈与税の申告書の提出期間内に贈与税の申告書に次に掲げる書類を添付して提出。

次に掲げる書類のほかに、相続時精算課税選択届出書とその添付書類も必要。

 

1特定受贈森林経営計画対象山林に係る届出書

2特定受贈森林経営計画対象山林について贈与の前に市町村長等の認定を受けていた森林経営計画に係る森林経営計画書の写し

3 2の森林経営計画に係る認定書の写し及びその他参考となるべき事項を記載した書類

 

(国税庁の資料などを基に作成)

農業税務完全対応の税理士

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事