人気を集める切腹最中
ホーム > 人気を集める切腹最中

人気を集める切腹最中

2017/7/21(金)

 

本日は、マーケティングでまとめておきましょう!

SANKEI DIGITAL(2017/6/8)より一部抜粋しておきます。

和菓子のネーミングに切腹最中

 

 

「切腹とは何事だ」と大反対されたようです。アンケートでも119人中118人が商品名に否定的な回答とのこと。

背景

店は、忠臣蔵でおなじみの田村屋敷の跡地にある、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が切腹した場所。ここをネーミングに考えたそうです。1990年に「切腹最中」発売。

現在は?

お詫びの手土産として大人気。1日7,000個も売れることもあるようです。

まとめ

農業におきかえて考えると、6次産業化で今は、農家自身で商品化できる時代。農家の作る最高素材を商品化して所得を増やす仕組みも大事に!おコメでもユニークなネーミングに注目が集まったように話題性も重要!

関連記事

2017/2/14  農業 バレンタイン6次化

独り言

写真は昨年、仕事で新橋に行った際に撮影。お店に立ち寄り、お詫びの和菓子でなく感謝する方に「景気上昇最中」を購入したのを思い出し(笑)。反対する人が多くても信念を通しブレずに取り組むと運も味方に!学ぶところがあります。

告知

土日はもう一つの当事務所のブログ(毎日更新中)←こちらへ!

お知らせ

 

『JAPAN CLASS』 Vol.12 好評発売中!

 

必見!「公認会計士・税理士 佐藤宏章」インタビュー記事掲載!

稲作経営・税務・最新トピック満載!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事