農業 新茶初取引
ホーム > 農業 新茶初取引

農業 新茶初取引

2014/4/9(水)

茶の生産量全国2位の鹿児島県で昨日、全国で最も早い新茶の初取引が行われたようです。

霜の影響もほとんどなく、味もさることながら色や香りと三拍子揃ったお茶の出来栄えだそうです。関東地方を中心に全国に出荷されるとのことですので皆さんも、新茶により春の訪れを味わって見たらいかがでしょうか。

お茶の消費量が、減少の傾向にあるという課題を抱えている中美味しさ+αで新商品開発など無限大の活用法があると思いますので和食文化と併せて、おおいにPRして盛り上がるといいですね。



過去の記事