農業 オランダ技術導入
ホーム > 農業 オランダ技術導入

農業 オランダ技術導入

2014/5/9(金)

福井県西川知事は、農業輸出国オランダを視察し、大規模農業技術導入の協力了解を得たそうです。以前ブログに記載したようにオランダの国土面積は九州ほどですが、世界有数の農産物輸出大国です。

オランダは大型施設で光や温度、水などの栽培環境をIT(情報技術)で管理する大規模水耕栽培が中心。トマトやパプリカ、バラなどを戦略品目として生産性を高めるための技術開発を進めている。2010年の農産物出荷額は790億ドルで世界2位となっている。農業視察は6,7の両日に行われ、オランダの大規模園芸の成長を支えるワーヘニンゲン大学や園芸団地「アグリポート7」などを訪問した。アグリポート7では45億円をかけた20ヘクタールの大規模ハウスでパプリカを生産する経営者と会談。収穫の95%が海外輸出されていることや、国産天然ガスで燃料費を抑えていることが、経営を支えているなどと説明を受けた。
【出所】msn産経ニュース(2014/5/9)より一部抜粋

農業で発展を遂げている国の事例、取り組みなど学ぶべきことは積極的に分析なり検討し、我流にアレンジしつつ導入を試みれば良いヒントが見い出せるでしょう。

【農業経営支援のお知らせ】
当事務所では、公認会計士、税理士として「農業経営」及び「6次産業化」支援を行っております。ブランド戦略、販売開拓、市場戦略、食の安全などお任せください。詳しくはホームページよりお問い合わせ願います。秋田県農家出身。東京農業大学農学部農学科卒。日本で唯一農業に特化した専門家。日本全国対応。



過去の記事