アグリロボコンバインで解決
ホーム > アグリロボコンバインで解決

アグリロボコンバインで解決

株式会社クボタの(2018/6/15)プレスリリースが話題に。

公認会計士 佐藤がわかりやすくまとめておきます。

業界初

収穫作業に使用するコンバインに自動運転アシスト機能を付加し、自動運転による収穫作業の高効率化や高精度化、軽労化を図る。自動運転農機「アグリロボコンバイン」を市場投入。

 

 

【出所】クボタHPより

開発の狙い

日本農業は農家の高齢化に伴う農家戸数の減少により、営農規模の拡大が進んでいます。作業効率の向上や省力化など様々な課題を解決する必要があるため。

発売日

2018年12月1日から本格販売。

価格

15,700,000円(税別)~

適応作物

稲(米)、麦

まとめ

GPSを利用するため、誤差数センチの高精度な刈取り作業が可能とのこと。もう経験や勘に頼らない収穫作業ができる。農業者の所得が増え導入した以上に回収できれば、普及も夢ではない(笑)

 

独り言

自分の田舎でもそうでしたがコンバイン価格高、一年中使うわけでもなし(笑)完全自動だと思いましたがオペレータが搭乗しての自動運転とのこと。当ブログに以前記載済。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が話題のように農業経営者は創造性のある業務にシフトへ。究極は自宅に居ながら農業(笑)

 

自然災害多発の昨今では設備投資も考えもの、シェアできる方策で効率的にっていうのも一手。

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事