農業 競争力強化支援骨子
ホーム > 農業 競争力強化支援骨子

農業 競争力強化支援骨子

2017/2/2(木)

 

先日、開催された規制改革推進会議の農業ワーキンググループでブログタイトルの法案の骨子が話題に。公表資料をもとに公認会計士 佐藤がまとめておきます!

趣旨

将来にわたって持続的に農業が発展していくための法案です。

ブログに毎度記載済ですが、農業所得向上がポイントになります!

 

以下でさらに詳しく解説!

良質かつ低廉な農業資材の供給

農業資材事業に係る事業環境の整備

農業資材に係る規制の見直しや開発の促進など。

 

農業資材事業に係る事業再編又は事業参入の促進

業界再編を促すため税制面だけでなく金融面でも支援へ(以下の農産物流通等含む)。

 

農業資材の調達等に必要な情報の入手の円滑化

取引条件等の見える化(以下の農産物流通等含む)。

農産物流通等の合理化

農産物流通等事業に係る事業環境の整備

農産物流通等に係る規制・規格の見直し、IT等活用促進。

 

農産物の直接販売の促進

当事務所では6次産業化など指導してますが、消費者を意識してファンを増やす。

 

農産物の品質等についての適切な評価

農産物はグローバルGAP 、食品はHACCPの国際認証の取得など。

まとめ

政府は概ね5年ごとに上記調査結果を公表とありますが1年ごとに情報公開すべきでは。

 

最終目的は、農家の皆さんに1円でも安く資材価格を引き下げて、1円でも高い収入を!

農業を取り巻く環境

農業産出額の減少(ピーク時は11.72兆円、昨年末公表直近8.80兆円)。

従事者の高齢化(平均年齢67歳)及び就農人口減少(直近192.2万人)。

耕作放棄地の増加(富山県の面積に匹敵)。

 

農業骨太試算で農業人口2050年には100万人程度、現在の半減で3割が85歳以上。

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事