G7 伊サミット開幕へ
ホーム > G7 伊サミット開幕へ

G7 伊サミット開幕へ

2017/5/26(金)

 

本日からイタリア南部シチリア島のタオルミーナ・サミット開催。

 

昨年は、三重県での伊勢志摩サミットが記憶に新しいところ。そして今回、トランプ米大統領はじめ4首脳が初出席。イタリアの高級リゾート地を背景にどのような議論が繰り広げられるのか注目。

経済分野のポイント

伊勢志摩サミットからこの1年の間に、イギリスEU離脱、アメリカTPP離脱といい保護主義台頭。日本はじめドイツ、フランスなどは自由貿易の議論進展するか。経済分野とは異なりますが、先日衝撃が走ったイギリスのコンサート会場で起きた爆弾テロを受けて、テロ対策が急務に。いつ何時どこで何が起こるか予測出来ない世界情勢。

G7食料自給率(カロリーベース)

農水省データ(2011年度)を参考に公認会計士 佐藤作成。

食料自給率は、自国で消費する食料のうち、自国でどのくらい生産しているかの割合。

 

日本    39%

アメリカ  127%

フランス  129%

イギリス  72%

ドイツ   92%

イタリア  61%

カナダ   258%

 

日本は上記より一目瞭然、格段の低さに愕然。自国の生産では足りずに輸入に頼っているのが現実。国内農業強化がますます重要に。

関連記事

政府は2025年度までに食料自給率(カロリーベース)を45%目標←こちらご参考に!

 

独り言

農業的視点で、昨年はサミットで提供されるこだわりの食材が話題に。マスコミ関係者にも振舞われ好評だったとの話も。今回は、どのような食材、メニューなのか気になるところ。シチリアといったらレモンが有名、その他チーズやワインなど美味しいものがたくさんありそうですね(笑)

 

告知1

『JAPAN CLASS Vol.12』6月発刊予定。

お米について、インタビュー記事が掲載されます!

告知2

土日はもう一つの当事務所のブログ(毎日更新中)←こちらへ!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事