農業にテクノロジーを
ホーム > 農業にテクノロジーを

農業にテクノロジーを

農産物の収穫期や量を高精度に予測するクラウドサービスが誕生したようです。

ITトータル・サービス・プロバイダーの株式会社JSOLは11日、農業生産法人向けに、高精度な収穫予測とコストの最適化により経営の改善を図ることができるクラウドサービスの提供を開始すると発表した。作物の収穫時期や収穫量のコントロールが難しく、出荷量の過不足で廃棄・補填コストが経営が圧迫してしまうという、長年の農業分野における課題の解決を目指す。
【出所】ネットベンチャーニュース(2013/12/12)より抜粋

農業に今までなかったのが不思議ですね。
基本的に自然が相手ですが、気象観測の精度が高くなっているように、このサービスも普及し農家の皆さんの意思決定に役立てるようになればいいですね。



過去の記事