農業 持続化給付金に係る税務・会計の取扱い
ホーム > 農業 持続化給付金に係る税務・会計の取扱い

農業 持続化給付金に係る税務・会計の取扱い

2021/1/25(月)

 

昨年からのコロナ禍で持続化給付金について話す機会が多くなってきました。確定申告を控えた今、話題になっていますので税理士 佐藤がわかりやすくまとめておきます。農家だけでなくマスコミからの多数問い合せ、関心の高さには驚きます。国税庁の資料を参考にまとめておきます。

持続化給付金の収入計上時期の取扱い

持続化給付金の支給が決定された日に、収入すべき権利が確定すると考えられます。支給決定がされた日の属する年分の収入金額となります。

根拠 所得税法第36条

所得税の計算上、ある収入の収入計上時期については、その収入すべき権利が確定した日の属する年分となります。

注意点

特に12月、持続化給付金の申請をされている農家の方は、今期なのか来期の収入金額になるのか確定申告の際にはご注意願います。

持続化給付金 確定申告記入欄

白色申告農家の方は収支内訳書の収入金額(雑収入の欄)に、青色申告の方は決算書の収入金額(雑収入の欄)に計上します。

持続化給付金 消費税

消費税の申告をされている農家の方は、不課税(課税売上に該当しない)になりますので注意してください。

農林漁業者への経営継続補助金

持続化給付金の収入計上時期は支給決定時でした。経営継続補助金の収入計上時期は支給決定時又は経費発生時になりますのでご注意願います。

経費発生時とは?

①経費発生時は、経営継続補助金の支給対象となる経費を支出した時に収入計上します。②経営継続補助金による補填を前提として所定の手続を済ませている場合には、その収入計上時期はその支出が発生した日の属する年分となります。特に第2回締切分の農家の方は収入計上すべき時期が今期の確定申告なのか翌期なのか必ず確認してください。

家賃支援給付金・雇用調整助成金

農地の家賃支援給付金や6次産業化等で従業員に雇用調整助成金を利用の方、収入計上時期は経営継続補助金と同様に支給決定時又は経費発生時になります。

GoToイート事業における給付金

収入計上時期は、ポイント・食事券使用時になりますので農家レストラン経営など給付された方は注意。

確定申告の注意点

農業所得の金額計算においては、「総収入金額」から「必要経費」を差し引くこととされています。上記の申請手続に際して発生した費用は、この必要経費に該当しますので給付金等の計上漏れだけでなく税理士に依頼した報酬料金の経費計上漏れにも注意してください。

肉用牛肥育経営安定特別対策事業による補てん金

コロナ給付ではありませんが、課税対象になりますので確定申告の際に計上漏れに注意。

まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い上記以外に国や地方公共団体から様々な助成金等の支給を受けた農業経営者が多いかと思います。この助成金等は令和何年分の収入金額として申告する必要があるのか経費も含めて当ブログをご参考に今年及び来年の確定申告に備えてください。

独り言

昨年からのコロナ禍騒動は誰しもが様々な影響を受けています。また、未曾有の事態に多くの混乱も招いています。来たる確定申告もしかり、早くも多数のお問い合わせが寄せられており今後超多忙が予想されます。例年のように健康第一で乗り越える所存です(笑)

事務所ご紹介!

通常業務に加え、次世代農業経営者セミナー、持続化給付金、TPP等(TPP11含む日欧EPA)、知的財産、農業問題など幅広く対応しています。

 

【テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』にてコメント中の一コマ】

実績はこちら

テレビ出演・外部講師・執筆等実績

テーマ

農業経営、6次産業化、その他、詳細は応相談。

これまでのセミナー事例(テレビ出演、執筆等含む)

・儲かる農業のしくみ

・農業経営発展について

・農業確定申告注意点について

・6次産業化の取り組みについて

・農業継承問題

・農業企業参入について

・農協法改正ポイント

・TPPと日本農業

・農業と管理会計

・地理的表示保護制度(GI)

・農業と知的財産(育成者権、特許権など)

・都市農業の展望(税制改正含む)

・農業税務(持続化給付金など)

・農業法人化について

・農業競争力強化支援法について

・農産物ブランド戦略(知的財産)

・農業ビジネス最前線

・TPP11について

・日欧EPAについて

・農業簿記(コスト管理)

・農業財務分析

・稲作経営の展望

・農家の節税対策(所得税、消費税、相続税)

・稲作の冷害(日照不足)による影響

・東京オリンピックとGAP

・都市農地2022年問題(生産緑地)

・財務諸表の見方(財務諸表作成、簿記記帳)

・資産管理(ファイナンス含む)

・確定申告ポイント(農業+不動産所得)

・消費税の軽減税率制度

・農業新規参入のポイント

・財務諸表の見方(資金管理、税務申告)

・TPP等(TPP11含む及び日欧EPA)対策

・農家の確定申告のポイント

対象者

農業経営者、農業法人社員、農業関連各種教育機関(大学・高校等)、各都道府県の農業青年部・女性部、農業に力を入れる各自治体、団体等。農業参入ご検討中の企業、次世代農業経営者育成に力を入れています!

報酬

応相談(交通費・宿泊費は実費)。

セミナー時間

1~2時間程度、1日等、ご希望に応じ相談可。

お問い合わせ

詳しくはホームページよりお問い合わせ願います(全国対応)。

感謝御礼!

【和やかな勉強会の一コマ】

 

【熱い講義に釘付けの一コマ】

 

【農業経営者の声より】

本物だけが日本農業を強くする!

日本初の農業に特化した専門家
公認会計士・税理士 佐藤宏章

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー



過去の記事