農業 食材の消費税
ホーム > 農業 食材の消費税

農業 食材の消費税

2015/8/27(木)

 

平成29年4月に消費税10%になります。

海外での消費税の記事が話題でしたのでまとめておきます。

 

ドイツの食材の消費税は2種類ある。分類をざっと説明すると、生きていくために必要な「基礎食品」が7%、買わなくてもよい「ぜいたく品」は19%だ。

 

基礎食品は、野菜や果物、肉、魚、蜂蜜など。しかし、細かく見ていくと理解しにくい面が表れる。たとえば人参は7%で、人参ジュースになると19%。水道の水は7%でもミネラル・ウオーターは19%。牛乳は7%。小さな海老が7%で、伊勢エビは19%だ。

【出所】日本経済新聞夕刊(2015/8/25)より一部抜粋

 

税率を2種類に設定しているのは、家計への配慮とか。どちらに入るかのすみ分けが難しいところでは。日本で消費税10%になった場合、さてどうなるのでしょうか?

 

~お知らせ~

農業参入フェア2015

 

開催日時:2015年9月10日(木)

会場:東京都千代田区大手町1ー3ー2経団連ホール

 

当事務所、出展ブースにて農業ビジネスの相談に応じます。

相談時間:14:30~16:30

主催:農林水産省、全国農業会議所



過去の記事