イオン値下げ TPP豪州産牛肉
ホーム > イオン値下げ TPP豪州産牛肉

イオン値下げ TPP豪州産牛肉

スーパーのイオンがTPP発効に先駆け値下げが話題に。

ニュースリリース(2018/12/6)を参考にまとめておきます。

TPP発効に先駆け

イオン直営牧場から直輸入の牛肉を一足はやくお値打ち価格に。

TPPいつ発効?

TPPに署名した11ヵ国のうち、オーストラリア・ニュージーランド・メキシコ・カナダ・シンガポール・日本の6ヵ国が手続きを完了し、2018年12月30日(日)に発効。

一足早く

イオンはTPP発効による関税低減に先駆けて2018年12月7日(金)から対象となる豪州産牛肉を価格改定。為替変動の影響を考慮するというも、計算してみたらサーロインステーキが約2割安く購入できるのには驚きました。

まとめ

TPP発効に先駆けて豪州産ビーフの値下げは話題となり、消費拡大につながっていくようです。和牛も人気というものの価格がネックになります。あとは消費者の選択肢にかかってきます。日々の生活は価格が重要とも。消費増税(軽減税率あるも)を控え、1円でも安い方と消費の現場から声が聞こえてきそうです。

独り言

以前TPP発効されたら?の関税計算でテレビ出演時、お得感の大きい牛肉はどの番組でも取り上げました。それだけ注目を集めているだけに現実に値下げとなると早速消費者に恩恵(笑)

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事