農業 TPPの行方
ホーム > 農業 TPPの行方

農業 TPPの行方

2015/6/15(月)

先週末はアメリカのTPA法案、下院で関連法案が否決されました。今週、議会での調整次第のようです。当ブログでは農業に視点を置いていますが、アメリカでは農業以外の産業での雇用喪失につながる可能性もあり難航。

また4月下旬のアメリカで安倍総理が話していましたが、参加12カ国の経済規模は世界の4割、貿易量で、世界の3分の1を占めています。それだけ影響が大きいということです。

明治維新以来の大改革とも言われています。今の日本の農業の現状はTPPとは関係なく、高齢化問題と担い手不足。テレビでも言いましたように、安倍政権の第3の矢の成長戦略として強い農業の構築に期待。

日本の農林水産物の品質は世界一ですから!



過去の記事