農業 TPP参考人質疑
ホーム > 農業 TPP参考人質疑

農業 TPP参考人質疑

2016/12/7(水)

 

TPP国会、発効は不透明ですが、食品の安全をめぐっての参考人質疑が話題に。

人の口に入る食品なのでTPPに限らず表示や検査体制どこまで充実できるか!

 

奈良県立医科大学教授は「日本は食品のリスク分析を導入しているうえ、科学的な基準や独立した評価機関を設けるなど、TPPが求める基準を満たしており、食品の安全基準や監視に大きな変更は必要ない」と述べました。

 

日本消費者連盟代表は「輸入手続きの迅速化を規定しているTPPが発効すれば、食品がきちんと検査されないまま輸入されるおそれがあり、安全審査や食品表示の厳格化を求める今の動きに逆行する」と述べました。

【出所】NHK NEWS WEB(2016/12/6)より一部抜粋

 

以前ブログに記載しましたが、TPPで安く購入できるものの最終的には消費者が判断とは言え安心安全が大前提。高品質な日本の農産物が再認識されることでしょう!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事