農業 TPP農家の収入3割減
ホーム > 農業 TPP農家の収入3割減

農業 TPP農家の収入3割減

2015/11/20(金)

 

今週は,自民党からTPP対策案が発表されました。また各都道府県でTPPの影響額が億単位で。スローガンだけが独り歩き、農家の方はどう思われたのでしょう?来週は政府から、TPP対策大綱が発表されますが。

 

もしも、公務員や農協職員の年間所得が3割も減ったら、どんな騒ぎになるだろう。大都市で働くサラリーマンにとっては、そんな事態は想像を絶することだろう。

 

▼ところが、県内のミカン農家では、それが現実になる可能性がある。県の試算によると、TPPに備えた対策を講じないと、農林水産物の産出額は年間約55億円、かんきつ類への影響は36億円減少する。

 

▼温州ミカンを1.5ヘクタール、それ以外のかんきつ類を0.5ヘクタール栽培している農家の場合、関税が撤廃されると、現状の所得が546万円から387万円にまで減ることになるという。これでは、政府のいう「地方創生」どころか「農家消滅」になってしまう。

【出所】紀伊民報(2015/11/19)より一部抜粋

 

上記については、当ブログ(10/16)に記載済。農業所得を増やすしくみをもっと真剣に考えるべき。最後はいかに生産者が、意欲的に取り組んでいけるか道筋が重要!

 

 

~お知らせ~

 

早稲田大学で農業ブランド化(地理的表示)講義します。

11月28日(土)15:00~16:30

 

ワセダ アグローカルスクール←詳しくはこちら

 

聴講生募集が始まりました!←お申し込みはこちら(無料、人数制限あり)

 

季刊書籍『自然栽培』12月発刊予定。

奇跡のリンゴ木村秋則氏が監修。インタビュー記事が掲載されます!

農業経営・税務・最新トピック 6ページ掲載予定!

 

『自然栽培』←詳しくはこちら公式HP

 

 

~強い農業経営の確立といったら~

イメージ (5) - コピー - コピー



過去の記事