農業 TPP首席交渉官会合
ホーム > 農業 TPP首席交渉官会合

農業 TPP首席交渉官会合

2015/7/24(金)

今日から、閣僚会合の前段階の首席交渉官会合をハワイで開催。参加12カ国の交渉内容も気になるところです。ここにきて、おコメの輸入枠が話題に。

 

政府は、TPP交渉で、米国や豪州から主食用のコメを無関税で輸入する「TPP特別枠」の規模を「10万トン未満」とする方向で調整に入った。米国から7万~8万トン程度、豪州からは米国の10分1程度の量について、それぞれ輸入の拡大を認める方向だ。7月下旬に甘利TPP相が米豪の担当閣僚と個別に会談し、決着を図る。

【出所】YOMIURI ONLINE(2015/7/23)より一部抜粋

 

以前当ブログに記載しましたが、日本だけが特別保護される時代ではない。
おコメ341円/㎏の関税保護されてますが、昨日のブログに記載のように、最高品質おコメの売れる方策を考えてほしいものです。おコメの消費量は年間8万トンペースで減少している現状。

また農業関係者とお話しますが、日本政策金融公庫の消費者動向調査でおコメの購入場所はスーパーが一番であるものの、他の農水産物と違い、通販・宅配や生産者からの購入も多いです。

何を言いたいかというと、ブログに記載済のように、おコメに限りませんが、ブランド化して差別化が重要!

~お知らせ~
当事務所では、TPP対策(勝つ農業経営等)セミナーを開催、受付中!日本全国の農林水産事業部の皆様、ご利用お待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

日本初の農業に特化した専門家
公認会計士・税理士 佐藤宏章



過去の記事