農業 ディズニーリゾート
ホーム > 農業 ディズニーリゾート

農業 ディズニーリゾート

2014/12/16(火)

昨日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営する株式会社オリエンタルランドが野菜農園設立するとのニュースリリースがありました。

食体験を通じて東京ディズニーリゾートの価値向上を図るようです。これからの季節、大変賑わうことでしょう!さて、農業に取り組むその内容とは。

 

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで使用するトマト、ミニトマト、パプリカについて2017年度からの自社生産を目指し、山梨県北杜市の約3haの土地に野菜農園を設立することを決定しましたのでお知らせいたします。当農園では、室温、湿度、二酸化炭素濃度などの環境を制御するシステムを用いた太陽光利用型の植物工場を設置することで、年間約250tの野菜類の生産を、季節や天候に関わらず安定的に行うことが可能となります。今年度から当社では千葉県袖ケ浦市において野菜類の自社生産を開始しており、山梨県の農園と合わせた総生産量は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの飲食施設における年間使用量を十分に満たし、パークの飲食施設で使用するこれらの野菜類はすべて自社生産のものとなる予定です。

【出所】株式会社オリエンタルランドHP(2014/12/15)より一部抜粋

 

一昨日、トヨタ農業参入の記事をブログに記載しました。安倍政権も農業を成長戦略として力を入れてゆくとの話で、企業の新たな収益源としてこれからも参入は増えていくでしょう。企業参入により雇用も増加。何しろ伸びしろ無限大ということですから!



過去の記事