法定相続情報証明制度
ホーム > 法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度

2017/5/18(木)

 

法定相続情報証明制度が話題に!今月の29日からスタート。法務省資料を参考に税理士佐藤がまとめておきます。

相続手続が簡単に

現在、相続手続では、お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を、相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。

 

法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し、併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。

 

その後の相続手続は、法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

ポイント

預金口座がいくつもある場合にお勧めです。手続が同時に進められ、時間短縮につながります。

制度創設の背景

法務省において、相続登記を促進するために、法定相続情報証明制度を新設。

関連記事

2017/3/8  農業 相続法改正ポイント

 

独り言

戸籍の束と聞いただけで気が重くなる(笑)手続きの簡素化は大歓迎。相続に限らず他の手続等も何とかならないのかと思うことも。高齢化社会、時短・労力は最小限に!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事