農業 震災農地復旧で談合
ホーム > 農業 震災農地復旧で談合

農業 震災農地復旧で談合

2017/4/5(水)

 

ブログのタイトルが話題に。

 

大掛かりな談合の疑いが持たれているようですが・・・。

 

農林水産省東北農政局が発注した東日本大震災の復旧工事などをめぐり、談合した疑いが強まったとして、公正取引委員会は4日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、ゼネコン十数社を立ち入り検査した。

 

各社は東日本大震災で被災した農地や水路を復旧する土木工事などをめぐり、事前に受注予定者を決めるなどしていた疑いが持たれている。

 

東北農政局の資料によると、同局管内では、青森、岩手、宮城、福島の4県で2万ヘクタール超の農地が津波被害を受けた。被害の大きい宮城など3県では、農業以外に転用された土地を除き昨年11月時点で83%の農地が、がれき撤去や塩分除去作業を終え、農業再開が可能となった。

【出所】時事通信(2017/4/4)より一部抜粋

 

多額の税金投入で農地復旧の裏ではこのような疑いがあるのが残念。

 

いつの時代も繰り返される問題、表沙汰になるのは氷山の一角なのでは!?

関連記事

2017/3/10  確定申告 農業と震災6年

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事