農業 夏イチゴ栽培に挑戦
ホーム > 農業 夏イチゴ栽培に挑戦

農業 夏イチゴ栽培に挑戦

2015/9/3(木)

 

西伊豆で夏イチゴ栽培に挑戦し、成功した農業経営者が話題に。来季から本格的な出荷を目指すようです。独自の「気化熱冷却方式」を採用したハウスで試験的な取り組みとは。

 

冬場に出荷が限られるイチゴを通年で生産できるようにと今年から取り組み始め、小粒だが味の良い実の育成に成功した。

 

駿河湾からの海風によって夏でも平均気温が25度前後に収まることから、栽培に適していると判断した。

 

寒冷な気候で育つ夏イチゴは北海道や長野県が本場。町商工会の担当者は「伊豆で栽培できれば画期的。夏イチゴは酸味が強いのが短所だったが、糖度が高く生食用にも適している」と太鼓判を押す。

【出所】静岡新聞(2015/9/2)より一部抜粋

 

既存の農業経営を継続するだけでなく、当ブログに記載の通り、戦略的な作物等に挑戦して所得向上が理想。イチゴは、皆さんもご存知のようにケーキやデザートなど年間通してニーズが高く、着目点がいいですね。その土地の栽培に適しているのがポイントに!

 

~お知らせ~

農業参入フェア2015

 

開催日時:2015年9月10日

会場:東京都千代田区大手町1ー3ー2経団連ホール

 

当事務所、出展ブースにて農業ビジネスの相談に応じます。

相談時間:14:30~16:30

主催:農林水産省、全国農業会議所



過去の記事