農業 株式会社化も選択肢
ホーム > 農業 株式会社化も選択肢

農業 株式会社化も選択肢

2016/8/26(金)

 

昨日は、小泉進次郎農林部会長が東京都内での講演が話題に。

 

JA全農の在り方について、「株式会社化したほうが日本の農業にプラスであれば、その選択肢は排除されない」と語り、農協法上の協同組合からの移行も含めて議論する考えを示した。

 

小泉氏は、TPPの中長期的な対策として今秋に策定する農業骨太方針では、農薬や肥料などの生産資材価格の引き下げが特に重要だと指摘。しかしこの問題でJA全農がメーカーとの価格交渉などを通じて「本来果たすべき役割を果たしているか、大きな疑問を持っている」と述べ、一段の努力を求めた。

【出所】毎日新聞HP(2016/8/25)より一部抜粋

 

今年1月に小泉氏は、農林中央金庫について「(貸出金残高のうち)農業の融資に回っているのは0.1%だ。だとしたら、農林中金はいらない」と融資姿勢についてや、最近は農薬や生産資材が地域農協によって価格差があるなど、全農批判を繰り広げている。

 

農業発展のためには、思い切った改革が必要では。農家のための農協が改革のポイント!言うまでもなし。

告知

土曜日・日曜日はもう一つの当事務所のブログ(アメブロ)←こちらへ

お知らせ

農業参入フェア 2016

開催日時:2016年9月7日(水)

会場:東京都千代田区大手町1ー3ー2経団連会館

当事務所、出展ブースにて農業ビジネスの相談に応じます。

相談時間:15:00~17:00

主催:農林水産省、全国農業会議所

詳細は追ってアナウンスします!

 

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事