農業 コシヒカリ産地偽装
ホーム > 農業 コシヒカリ産地偽装

農業 コシヒカリ産地偽装

2015/6/19(金)

昨日は、新潟県産コシヒカリと偽装しコメを販売した報道が。毎年、産地偽装は昔から後を絶ちません。

 

県産コシヒカリ以外の品種も混ぜたコメに「コシヒカリ」「単一原料米新潟県」と表示し、東京都内のスーパーで販売した疑い。新潟県が実施したコメのDNA検査で偽装が発覚。農林水産省近畿農政局がことし1月、茨城県や岡山県などで生産されたコメを秋田県産と表示するなどし計約560トンを販売したとして、JAS法に基づき、表示の是正や再発防止を図るよう指示していた。

【出所】日本経済新聞電子版(2015/6/18)より一部抜粋

 

当ブログにも昨年6月19日に、中国産米をまぜたコメを国産コシヒカリ100%と偽装販売の記事を記載済み。背景には、コメ余りで価格競争激化でしたが。

今回は定かではありませんが、コメの在庫もあり、少しでもブランド米として売りたかったのでしょうか?何れにしろ消費者を裏切る行為。

コメを取り巻く環境は、生産者だけでなく、コメ販売会社も厳しくなってきていることなのでしょうか。ここは知恵をしぼり、消費の拡大につながる方策を考えるべき!



過去の記事