トランプ政権とTPP
ホーム > トランプ政権とTPP

トランプ政権とTPP

2017/11/1(水)

 

本日から11月。日本農業においては、今後に影響を与える重要な月となりそうです。

公認会計士 佐藤がわかりやすくまとめておきます。

トランプ大統領初来日

歓迎ムードも水面下では、米国の経済貿易赤字解消に向け厳しい内容となるでしょう。とくに米国農業団体は日本の市場開放として、輸出拡大、TPP離脱もTPP内容以上の関税の引き下げと。輸入枠拡大は当然要求してくるのでは。特に8月の米国産冷凍牛肉の関税については、日本のセーフガードとはいえ納得できるものではないはずです。

TPP11発効

こちらも米国のTPP離脱で漂流、各国事態が変わり迷走。参加国のGDP米国に次ぐ日本がリーダーシップ図るもニュージーランド新首相の言動次第で不透明になりつつあるのも現状では。また凍結項目はどの程度絞り込んでいるのでしょうか?さらにベトナムでは繊維製品の見直し(原産地規則)の要求もありどうなるのか。

まとめ

TPP大筋合意から、もうすでに2年余り。ここまで混沌とすることを予想していた人はいたのでしょうか?米国からの日本農業に対する要求もTPPが一つの目安。

関連記事

2017/1/30  農業 TPPから日米FTAへ

 

独り言

日米FTA?やTPPや日欧EPAに関わらず、日本農業強化は必須。当事務所が次世代農業経営者にセミナーを行っているように人材育成が大事に!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事