農業 こだわり食品開発
ホーム > 農業 こだわり食品開発

農業 こだわり食品開発

2014/12/11(木)

本日は、沖縄県の本部町で健康にこだわる農産加工場が完成した話題です。農業生産法人「もとぶウェルネスフーズ」が、地元産のシークワーサーやパパイアなどを原料とした健康飲料などの商品製造を始めているようです。飽食の時代といえども、日々の食事に気を遣い健康が気になる人は多いようです。そんなところに目をつけて地元農家の方と事業に参画、今後の展開は?

 

より新鮮な熱帯果樹や農産物を加工することで、付加価値の高い商品開発を図る構想。売り上げ目標は初年度1億円、数年後は3億円としている。新加工場では原料の洗浄から、ペットボトルや瓶への充填、商品の包装など製造分野の全工程を行うことができる。多品種少量型生産が理想の一つ。沖縄ハム総合食品(読谷村)の商品を取り扱う形になり、既存品の製造を行いながら、「健康」に着目した商品開発による販路開拓を目指していく。地元の生産者約30人も事業に参画している。今後の展開について、社長は「農家が農作物を再生産できるように安定した価格で原料を買い取りたい。そうすることで新鮮な原料も活用できる。地域発展に貢献したい」としている。

【出所】琉球新報(2014/12/10)より一部抜粋

 

沖縄ならではの農産物を活用することで差別化を図るようです。農家の皆さんも自分の作った農産物がどのような形で商品化され販売されてゆくのかが把握できることで一層生産意欲が湧くのでは。農業の活性化=地域の活性化、良いモデルケースとなるよう期待したいですね!



過去の記事