欧州 オランダ農業の強さ
ホーム > 欧州 オランダ農業の強さ

欧州 オランダ農業の強さ

2017/4/27(木)

 

ブログのタイトルが話題に。読売新聞(2017/4/26)より一部抜粋しておきます。

最先端の農業技術に基づいた高い生産性

国連食糧農業機関(FAO)によると、オランダの2014年の1㌶当たりのトマトの平均生産量は約505トン。約60トンの日本の8倍以上もある。

産学官連携

国土面積が九州ほどしかないハンデを克服するため、1960年代から農業の技術革新に力を入れてきた。最大の特徴は生産者側も積極的に関与する点だ。

トマト生産者の声

長年の悩みは冬場に生産量が落ちること。「年間を通して仕入れたい」との顧客の要望に応えられずにいた。そこで植物工場へのLEDの導入試験に協力。最先端の技術を導入した結果、生産量は5割も増えたという。

日本の課題

研究開発の主役は生産者だ。日本でも「産学官の連携」という言葉はよく耳にする。だが、生産者の使い勝手を考えないまま研究開発を進め、現場ではあまり使われなかった、ということが多いのと対照的だ。

まとめ

よく日本農業との比較が取り上げられますが、オランダ農業の強さは今に始まったことではなし。日本企業も農家との連携が最近聞かれるようになりましたが、あくまでも生産者が主役。大学も実務に役立つ研究を拡大してほしい。先ずは農家の声、現場重視がポイントでは。

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事