農業 沖縄に企業参入
ホーム > 農業 沖縄に企業参入

農業 沖縄に企業参入

2016/5/11(水)

昨日は日立キャピタルが初の農業参入で話題に。

 

また農水省のデータでは昨年12月末現在で一般企業2,039法人が農業参入とのこと。

 

さて、沖縄の地で何を栽培するのでしょうか?

 

 

アジア主要都市に航空路線が多数就航し輸出に有利なことや、ホテルなど観光分野での需要が見込めると判断した。5月中に温室の建設に着手する。3年目には年間4.5トンの収穫を目指す。

 

沖縄でイチゴの生産から加工、流通、販売に関するノウハウを蓄積する。将来的にはノウハウをパッケージ化し、農家に提供するビジネスモデルの確立を目指す。

【出所】琉球新報(2016/5/10)より一部抜粋

 

都市農業ではないですが、好立地条件で販路確保しやすいのがポイントですね。比較的暑さに強いとの品種を栽培、やがては観光農園でイチゴ狩りも検討とのこと。

 

沖縄といったら、一面に広がるパイン畑のイメージ、イチゴとは以外や以外!?話題性十分で、注目を集めるのでは。

 

後は当ブログにいつも記載の通り、いかに付加価値を付けブランド化できるか。既成概念にとらわれない挑戦に期待!

 

 

~企業農業参入に強い公認会計士といったら~

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事