農業 新品種「甘い夢」
ホーム > 農業 新品種「甘い夢」

農業 新品種「甘い夢」

2015/8/26(水)

 

長野県でリンゴの新品種「甘い夢」が話題になっています。

糖度の平均値が17度のリンゴとは。

 

「甘い夢」が最も甘くなるのは9月の上旬ごろで、糖度が高い実は20度を越える。一般のリンゴは13~14度ほどが多く、17度はブドウと同程度の高さだ。

 

温暖化の影響で昼夜の温度差が小さくなり、結果として早生種のリンゴの色づきが悪くなっているというが、「甘い夢」はたわわに真っ赤な実を実らせる。

 

昨年9月に農林水産省に種苗登録を申請。

【出所】信濃毎日新聞(2015/8/25)より一部抜粋

 

収穫適期が長く、ニーズに合わせて収穫できるのが大きなメリットとか。企業の新商品開発が活発のように、農業でも新品種開発は、リンゴに限らず他の作物も多くなりました!

 

~お知らせ~

農業参入フェア2015

 

開催日時:2015年9月10日(木)

会場:東京都千代田区大手町1ー3ー2経団連ホール

 

当事務所、出展ブースにて農業ビジネスの相談に応じます。

相談時間:14:30~16:30

主催:農林水産省、全国農業会議所



過去の記事