農業 ミラノ国際博覧会
ホーム > 農業 ミラノ国際博覧会

農業 ミラノ国際博覧会

2015/2/17(火)

先週末、本日のタイトルで農林水産省からニュースリリースがありました。その他、気になった農業関連についての話題を簡単にまとめておきます。

①ミラノ万博
今年5月に開幕する万博に、日本食の基本となるだしをとるためのかつお節等を持ち込むことに特例で合意したと話題になっていました。ミラノ万博向けにのみですがこれをきっかけに、日本食の品質や食文化等を発信し、輸出の拡大を図る狙い。和食が無形文化遺産に登録され、海外からも日本食が注目されていますので食材である農産物もあわせてアピールできれば、農業の活性化も期待できるのでは。先週ブログに記載しましたが輸出額が6000億円超えましたので弾みがつけば。

②地方創生特区今春を目標に「国家戦略特区」の第2弾「地方創生特区」を指定するようです。農業特区はブログに記載してきましたが、地方創生特区として中山間や離島地域を活性化させるべく先進技術の実証実験の試みを目指すようです。地方起業者に税制面で大胆な優遇策も期待したいところです。

③稲作農家支援先週もブログに記載しましたが、体質強化緊急対策事業。追加募集してますが、来週金曜日締切。1ha換算で数万円程度、補助されるようですので有効活用してください。詳しくは農林水産省生産局農産部穀物課。



過去の記事