農業 TPP衆院通過来週に
ホーム > 農業 TPP衆院通過来週に

農業 TPP衆院通過来週に

2016/10/28(金)

 

本日のTPP承認案の採決は見送られ、来週以降になりました。

 

まず、TPP審議に入る前にSBS米の影響が尾を引いて。

今月上旬、農水省からSBS米の調査結果が公表されたとはいえ取引の不透明さが問題。

 

SBS方式による輸入米は、本当に国産米と同水準の価格で流通されているのか。

 

政府はTPP輸入枠新設でも輸入量に相当する国産米を備蓄米として買い入れ、輸入量の増加が主食用米の需給及び価格に与える影響を遮断で影響なしといいますが・・・。

 

SBS方式での輸入米の政府売渡価格は、中食・外食など業務用に用いられる国産米価格とほぼ同等と言われていますが、調整金での価格偽装が事実なら国産米より大幅に安い価格で流通していることになり、制度自体の存在意義が今問われています。

 

山本農林水産大臣の強行採決発言など。TPP承認到達までは前途多難!?

 

関連記事

9/20農業 輸入米価格偽装取引 9/26農業 TPP臨時国会とSBS米の記事ご参考に!

9/9農業 輸入米と外食産業←外食企業ではコスト意識が高く、輸入米利用も視野に!

 

告知

土曜日・日曜日はもう一つの当事務所のブログ(アメブロ)←こちらへ

 

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事