日欧EPA交渉 最終段階
ホーム > 日欧EPA交渉 最終段階

日欧EPA交渉 最終段階

2017/7/3(月)

 

2日間にかけて行われた協議の結末は大枠合意へは至らず。

 

今週に持ち越しに。

日欧EPA交渉の論点

 

【出所】毎日新聞

 

上記の図のように、平行線が続き。

チーズVS自動車

 

【出所】東京新聞

 

エルメスの関税までも?

「ボルドー」などのワインや「ゴディバ」などのチョコレート菓子、「エルメス」などのブランド品でも、日本がかけている関税の引き下げの調整が進む(東京新聞抜粋)。

公認会計士 佐藤のまとめ

先日、当ブログに記載しましたが約17,000戸の酪農家の思いはいかに。我が家もかつて酪農を営んでいただけに他人事とは思えず、交渉の成り行きに注目。

関連記事

2016/12/16  農業 日EU・EPA加速へ

 

独り言

情報が正式に公開されていませんが、日EU・EPA交渉がTPPを超える内容であれば、今後のTPP11や米国との交渉はさらに厳しさを増すのでは。

 

今月はTPP11も再び動き出す予定、どちらを向いても波乱が予想され。

 

農業経営者の不安や懸念払拭に努めるべく、毅然とした態度を崩さずに臨んでと声を大にして言いたい!

お知らせ

 

『JAPAN CLASS』 Vol.12 好評発売中!

 

必見!「公認会計士・税理士 佐藤宏章」インタビュー記事掲載!

稲作経営・税務・最新トピック満載!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事