農林水産物輸出 最新情報
ホーム > 農林水産物輸出 最新情報

農林水産物輸出 最新情報

2018/1/17(水)

 

2017年1月から11月農林水産物輸出が話題に。

公認会計士 佐藤が農水省資料を基にわかりやすくまとめておきます。

農林水産物の輸出額、過去最高へ

2017年一年間は来月公表も、輸出額は順調に伸びています。

昨年1月から11月までの輸出額、7,158億円で前年同期と比較しても6.8%増加。

果物輸出の伸び

ぶどう30.4%、いちご59.0%増。新たな輸出産品も好調。

海外の日本食ブームを追い風に

牛肉42.2%、コメ23.3%、緑茶26.3%、清酒18.4%増。

農林水産物輸出目標

2019年に輸出額1兆円。

まとめ

技術の進展で鮮度を維持したまま長時間・大量輸送できる時代。

輸送コストをいかに下げ、肝心の農家所得に結びつけられるか。

 

独り言

世界の食の市場規模は2020年には680兆円ともいわれています。

和食ブームに乗り、海外の日本食レストラン約11万8千店。

各自治体と民間企業との連携で、さらなる輸出拡大に期待!

参考 日本食はダントツの人気!

 

ジェトロ調査2015複数回答(自国料理は選択肢から除外)

【出所】農林水産省HPより

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事