農業 農林水産物の輸出額
ホーム > 農業 農林水産物の輸出額

農業 農林水産物の輸出額

2014/8/19(火)

先週、農林水産省の公表によると2014年1月から6月の農林水産物の輸出額が2840億円で前年同期より10%増加したそうです。

和食ブームの影響でコメや牛肉の伸びが目立った。今年1~6月期の輸出額の内訳をみると、清酒(日本酒)が前年同期比9%増の55億円。援助米を除くコメも同42%増の6億円だった。コメとコメ加工品が伸びたのは和食が無形文化遺産に認定され、日本食の認知度が高まった影響が大きい。国・地域別では香港、米国、台湾への輸出額が特に大きかった。
【出所】日本経済新聞電子版より一部抜粋


日本で良いとされるものは、海外でも需要がありますね。コメ人気すごいですね。以前お客様とお話しましたが、ただコメを輸出するだけではなく例えばおいしい炊き方や試食などのサービスを充実させるとさらにニーズが高まり輸出量は増加するのでは。

また以前にジェトロの職員と話す機会がありましたが、加工食品においては賞味期限は常温1年、冷蔵1か月、冷凍1年が理想ということでした。

今や、工業製品などは輸出・現地生産が進んできていますが、農業においても今後さらにこのような形が加速してゆくでしょう。日本の農業生産物の品質・安全性は世界一を誇っていますから!



過去の記事