確定申告 農業消費税事例
ホーム > 確定申告 農業消費税事例

確定申告 農業消費税事例

2017/2/17(金)

 

消費税のポイントを事例にまとめてみました!

もちろん消費税の納税義務者となっている方対象。

消費税事例

(例)佐藤農園は、昨年8月に新しくトラクターを購入。

従来使用していたトラクターを下取りに出し、その分、値引きしてもらいました。

トラクターの下取りをした消費税の課税関係は?

 

新トラクター価格      1000万円

旧トラクター下取価格     100万円

消費税             72万円

 

現金支払額          972万円

消費税:ヒント

旧トラクターの下取価格は、新トラクターの値引きではなく、

新トラクターの売買と、旧トラクターの売買があったものとします。

消費税:答え

新トラクターの課税仕入れ1000万円と

旧トラクターの課税売上げ100万円を行ったとします。

消費税:ポイント

支払いは相殺した金額ですが、

下取価格が課税売上げになりますので、農家の皆さんお忘れなく!

消費税:注意点

最後に農業所得が赤字(農業に限りません)でも

消費税はかかりますので資金繰りには気をつけましょう!!

まとめ

この時期、税務署や各市町村で無料相談所が開設されています。

また複雑な税務問題や節税などは税理士に相談するのもいいでしょう。

追記 所得税 収入保険制度(2019年から実施予定)

ブログ記載済。農産物の価格低下による収入減少を補填する制度。

 

すべての農家が対象ではなく、青色申告が要件になります。

青色申告を始めたい方、今年3月15日迄に青色申告承認申請書を税務署提出する必要。来年の申告(2017年分)に青色申告が可能。当事務所は農家の将来を見据え完全対応!

告知

土曜日・日曜日はもう一つの当事務所のブログ(毎日更新中)←こちらへ!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事