おコメ輸出拡大に期待
ホーム > おコメ輸出拡大に期待

おコメ輸出拡大に期待

2017/7/19(水)

 

久しぶりに、おコメについてまとめておきましょう!

今日から金曜日まで山本農林水産大臣が中国への出張が話題に。

日本産食品の需要拡大へ

大臣は上海で日本食PRイベントに出席と日系企業が開設している日本産のおコメやおコメ関連食品のアンテナショップ視察へ。また北京では農政上の課題等について意見交換すると。

おコメ輸出拡大に期待

国内は、当ブログに記載しましたが、おコメは需要<供給。来年、おコメの直接支払交付金(10aあたり7,500円)は40年以上続いた生産調整の見直しでなくなる予定。これまでと状況激変で構図が変わる!?

世界のおコメ消費量

1位 中国 147,500千t

2位 インド 98,097千t

3位 インドネシア 38,500千t

 ・

 ・

9位 日本 7,966千t

 ・

12位 韓国 4,450千t

農林水産省の2016年1月発刊のaffより一部抜粋

日本のおコメを世界へ

以前からおコメの輸出先として中国へと報道されているのも頷けます。人口の多い消費大国を相手に攻勢をかけて日本農業の国際化に弾みをつけてほしい!

まとめ

我が故郷の秋田県では米価の下落もあり、おコメ依存からの脱却で野菜など複合経営が進んでいます。一方、全国的にブランド米の開発もしのぎを削っています。

 

独り言

皆さんは、日本のおコメの消費拡大どのように考えますか?低価格帯の業務用米が足りないとミスマッチを聞きますが、生産者側もコストを意識した経営がさらに進むと海外でも十分に戦えると思いますが。まずは、消費アップを考えることも重要。

お知らせ

 

『JAPAN CLASS』 Vol.12 好評発売中!

 

必見!「公認会計士・税理士 佐藤宏章」インタビュー記事掲載!

稲作経営・税務・最新トピック満載!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事