JAL 農業事業へ参入
ホーム > JAL 農業事業へ参入

JAL 農業事業へ参入

JALが2018/5/21にプレスリリースで農業参入と話題に。

公認会計士 佐藤がわかりやすくまとめておきます。

JAL Agriport設立

和郷と共同出資で設立して農業事業へ参入。

新サービス提供

千葉県成田市での観光農園運営ならびにプライベートブランド(PB)商品の販売。

体験型農園施設を開園

いちごやさつまいもなどの収穫体験や食事を楽しめる施設。

インバウンド需要を取り込む

2020年に向けて増加が予想される日本を訪問する外国人を呼び込む。

千葉県農産品の販売拡大

農産品を用いたPB商品の開発・販売。

世界に発信

成田空港に隣接予定の市場と連携して輸出拠点とする。

農業×空港

「インバウンド」、「観光」、「6次産業化」と「地元」、「空港」、「航空会社」の相乗効果に期待。

目的

日本の高品質な農産品を世界にアピールしてファンを増やす。

まとめ

空港周辺の未利用資源の有効活用。地の利を活かし農産物の輸出拠点にする。外国人観光客を呼び込む(インバウンド)。地元地域の農業の活性化につながりますね。

 

独り言

農業の企業参入は当ブログで以前から何件もまとめてきました。鉄道会社、銀行など異業種の参入が農業成長の一つに。

 

当事務所に観光農園コンサル依頼多々、またセミナーの受講生に観光農園を営んでいる農業者も多いことに驚きます。工夫次第で伸びしろ大ってことですね!

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事