2019夕張メロン初競り2玉500万円
ホーム > 2019夕張メロン初競り2玉500万円

2019夕張メロン初競り2玉500万円

夕張メロンの収穫が始まり今朝、初競りが行われたようです。

公認会計士 佐藤が農水省HPも参考にわかりやすくまとめておきます。

夕張市の特産品

初競りが24日朝、札幌市中央卸売市場で開かれた。

北海道の夏味覚、最高値

最高値は500万円(1箱2玉入り)で、昨年より180万円高く、過去最高値。

 

 

【出所】農林水産省

夕張メロン出来

今年の夕張メロンは今まで以上に、糖度が高く品質も最高。

生産者の励み

高値をつけたことは生産者の励みになる。

参考 夕張メロン特性

果肉は内部色はオレンジ色。繊維質が少ない。柔らかくジューシー。芳醇な香りが強い「夕張キング」という品種を使用。糖度は10度以上。

栽培の特徴

山や丘陵に囲まれて昼夜の気温差が大きく降水量が少ない。火山灰土壌で水はけがよい。栽培技術の蓄積による細やかな栽培管理。北海道夕張市でないと「夕張メロン」を栽培することができない。

知的財産

1977年よりブランド保護の観点から商標登録を出願し、当時では地域名+メロンという名前での商標登録は難しかったようです。

 

粘り強く申請し続け、1993年念願叶い「夕張メロン」の商標登録に成功とのこと。今や高級嗜好品として全国的な知名度を有しています!

まとめ

毎年初競りの話題を心待ちにしている方も多いことでしょう。年々高値がつけられ生産農家の皆さんに注目が集まります。ご苦労が報われ次の原動力となることでしょう。

 

独り言

夕張メロンのブランド力は海外で模倣品が出回るほどの人気。種苗流出問題が後を絶たない昨今、地理的表示GIが重要に。一番は農家が誇りをもって生産できることでしょう。

 

当事務所にはテレビ含めマスコミから知的財産権の取材多いですね。また昨秋は岐阜県の高山市民文化会館で知的財産セミナーを開催しました(育成者権、特許権、商標権、地域団体商標、実用新案権、意匠権、営業秘密、地理的表示GI)。

 

以前、田舎の我が家で夕張ではないですが、メロン栽培~販売をしていたことも。傍らで見ていたお客様の笑顔が記憶に。美味しいメロンと評判でした(笑)

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事