農業 「機能性表示食品」
ホーム > 農業 「機能性表示食品」

農業 「機能性表示食品」

2015/3/23(月)

先週ブログに記載できなかった農業の話題をコンパクトにまとめました。

来月からスタートの「機能性表示食品」制度
食品の表示制度は、既存の特定保健用食品、栄養機能食品、新顔の機能性表示食品。これからは、食品に農産物の機能性表示が具体化されそうです。消費者の健康意識が高まる昨今、購入を促し経済の活性化に期待。農家の生産者も、何が含まれ、どのような効果があるかの認識が重要。また農家自身で、商品開発から販売へとこぎつければ尚よし。これをきっかけに、機能性野菜の開発・生産も増えていくことでしょう!

ロート製薬株式会社と奈良県の協定
企業と自治体との連携で農業の活性化に取り組むようです。企業の健康を考えた事業と奈良県の漢方の推進と考えが一致。農業分野に事業拡大して企業技術を応用。今迄ブログに記載の通り、今後「農業」で成長を考えている企業は増加するのでは。①同様、農業での商品化も加速することでしょう!

ドローン
今ITでも話題ですが、無人電動ヘリコプターを農業分野での活用。地方創生特区で秋田県仙北市が指定を受けました。農業気象に限らず、自動でトラクター運転など拡大した活用に期待!

農地転用(商業施設等)許可の権限移譲
現在、4ヘクタールを超える農地転用は国が許可。地方分権改革で都道府県での許可が可能に。各都道府県において農地の有効活用を望みます!



過去の記事