農業 消費税軽減税率
ホーム > 農業 消費税軽減税率

農業 消費税軽減税率

2015/9/7(月)

 

先週末は、消費税の軽減税率が話題でした。平成29年4月に消費税10%になります。

 

軽減税率の対象品目は「精米」「生鮮食品」「酒を除く飲食料品」のうち、「酒を除く飲食料品」で検討に。消費税10%を払い後に軽減分を払い戻すとか。その際、マイナンバーの活用も検討とのことですが、プライバシーや個人情報の流出などの問題も懸念、何れにしても難航が予想されます。

 

当ブログでも記載(8/27)しましたが、海外では食料品に軽減税率適用している国が多いようですね。

 

以前ブログに記載済、増税は当然の議論になっていますが、それ以前に税金の無駄を排除したら。皆さんどう思われますか?最近は、オリンピック競技場にエンブレム問題、会計検査院公表の税金無駄遣い。その他諸々が、明るみに。

 

企業も農家もそうですが、コスト意識の経営は当然。今一度、税金について見直しやムダを省き効率良く努力する工夫が必要では!税金の無駄遣いを解消すれば、増税の必要は無しと思うのは自分だけでしょうか(笑)


日本初の農業に特化した専門家
公認会計士・税理士 佐藤宏章

 

~お知らせ~

農業参入フェア2015

 

開催日時:2015年9月10日(木)

会場:東京都千代田区大手町1ー3ー2経団連ホール

 

当事務所、出展ブースにて農業ビジネスの相談に応じます。

相談時間:14:30~16:30

主催:農林水産省、全国農業会議所



過去の記事