青森 リンゴ授粉ドローン
ホーム > 青森 リンゴ授粉ドローン

青森 リンゴ授粉ドローン

2017/5/11(木)

 

ブログのタイトルが話題に。

東京新聞Web(2017/5/10)より一部抜粋しておきます。

リンゴ生産盛んな青森県内の農業高校

生徒らが小型無人機「ドローン」を使ってリンゴの花に人工授粉する実験をした。

実験の背景

成功すれば月末には実がなるといい、高齢化が進むリンゴ農家の負担軽減に役立てたい。

ドローン散布方法

生徒は事前に採取した花粉に砂糖を加え、水と寒天で溶いた液体を用意。ドローンに据え付けた噴霧器に溶液を入れ、高さ約5メートルからリンゴの木に向けて散布した。

ドローン効果

手作業だと1人で1本当たり約30分かかるのに比べ、8分ほどで約15本の授粉を終えた。

まとめ

農業高校生の発想は、柔軟で豊か!以前ブログで高校生がグローバルGAP取得や6次産業化の商品化、コンビニ販売など記載済。卒業後、経験を活かして活躍してほしいものです!

参考 スマート農業(公認会計士 佐藤作成資料)

今やAI(人工知能)やICTやIoTによる開発が農業分野でも急ピッチで進行中。

 

農家の高齢化に対応、作業サポートにアシストスーツ導入。

ロボット開発(収穫時期判別、自動収穫、畦畔除草など)。

気象情報を自然災害だけでなく病害虫発生予防対策。

ドローン活用による管理(種まき、肥料・農薬散布など)。

篤農家の技術を次世代農家に伝承できるようデータ化。

関連記事

2016/12/20  農業 ドローン活用本格化

 

独り言

ドローンで労働時間短縮、労力削減、農業の創造性に広がりが!ドローンでリンゴの花に人工授粉の実験成功を期待!後はドローンの安全性だけですね。

農業プロフェッショナル・サービスNo.1

イメージ (5) - コピー - コピー

 

テレビ出演・外部講師・執筆等実績←こちら



過去の記事